緊急便・トラックチャーター・混載便
お荷物の発送で困ったら

混載便
トラックチャーター
混載便
トラックチャーター便
トラックチャーター便
混載便
お問い合わせ

 

トラックチャーター便」「混載便」を全国対応で探します。探すのは無料なのでお気軽にどうぞ!

全国対応で車両手配致します。「お問い合わせフォーム」から入力か、お気軽にお電話をどうぞ!

omitumori-text
  

テラテクニカル株式会社は トラックチャーター便・混載便・積み合わせ便・格安チャーター便・帰り便・緊急輸送・精密機器輸送・定期便輸送を 得意とする運送会社です。 お荷物で悩んだ時はお気軽にご連絡ください。

message01

自社車両はもちろん、全国に広がる混載輸送が得意な運送会社のネットワークがあります。法人様だけではなく個人様からのご依頼も多く頂いております。

message02

細かい時間指定等が無ければ小ロット中ロットの荷物輸送は混載便、積み合わせ便が1番安い輸送になると思います。

message03

一概に御荷物を運ぶといっても、お荷物の種類や形状によって運ぶ車両も様々です。手の平サイズの御荷物から新幹線クラスの物まで多種多様に御座います。物流業界には用途に応じた輸送車両があり航空便・船舶・鉄道・陸上輸送があり連携をしながら物流業界は動いてます。

トピックス

  • 混載便・積み合わせ便・チャーター便等、お気軽にご相談ください。
  • 小ロッド・中ロッドの全国積み合わせ輸送であればコストダウンもできます。
  • 物流費削減、お安く発送するのであれば積み替えなしの混載便がお得です。
  • 当社もしくは全国に広がる当社の協力会社によるネットワークで強力にアシスト致します。
  • チャーター便・緊急輸送・4t~トレーラー、軽貨物等、お気軽にご相談下さい。
  • 定期便、特殊輸送等お気軽にご相談。
cont-01

荷物を運ぶためにトラックを利用したい

いくつかの方法があります。まずトラックチャーターという方法は、トラックを1台貸し切って荷物を届ける方法であり、積み替えをせずに運送します。時間を指定して積んで、降ろす時間も指定することが可能です。積み替えもしないため安全に荷物を運べます。

トラックチャーターの大きな特徴

1

輸送の内容をカスタマイズできることが挙げられます。運行についての主導権は依頼する側にあるため、依頼者の事情や取引先のニーズによって条件を変えられます。 同じ時間にいつも納品する先へ訪問ができるようにルートを決めたり、荷物の量によってトラックのサイズを変えられるのもチャーターならではです。

toku01
2

運ぶ製品にとって温度を変えられるので、製品が受けるダメージが少ないです。ドアを開く回数をなるべく少なくするルートを選べば、さらに温度が安定します。 食品のように温度が少し変わっただけで味が変わってしまったり、発酵してしまう製品は気配りが細かくできるチャーター便がおすすめです。製品や荷室の温度を測ってデータにすることで、トレーサビリティもできます。

toku02
3

製品への衝撃が少ないことが魅力です。へこみやキズが付きやすい製品は欠品や返品にならないように、慎重に取扱う必要があります。さらに、衝撃や振動に弱い製品の場合は見た目が変わることで売ることができなくなってしまうケースも存在します。。 このような問題は、製品に触らなければいけない機会が多くなるほど発生しやすくなり、何度か積み替えをしなければいけない運び方の場合、リスクはそれだけ高くなってしまいます。チャーターならば、積み込みを行えば納品をそのままできるため、事故が起こる可能性を最小限に抑えることが可能です

toku03
4

製品によっては積み合わせが原因で問題が発生しまうことがあります。例えば匂いのある製品は他の製品に匂いがついてしまうことがあり、製品の菌が原因で他の製品に影響が出てしまうなど予想しないトラブルが発生することもありえます。このような製品を取り扱う場合もチャーター輸送は便利です。

toku04
cont-02
貸切で基本的に輸送をするため運搬で使う容器を管理したり、配送の担当ドライバーに服装を指定して工場で決まってるレベルの衛生管理まで求めることが可能です。 条件が特殊な場合でも、チャーター輸送ならば対応してもらいやすくなっています。ISOやHACCPといった基準に従ってレベルの高い衛生管理をしている企業も安心して依頼できます。
cont-03
 この他、カゴ代車やパレット、空容器をすぐに回収できることもチャーター便を利用する際の利点です。製品を入れるために使う容器や運ぶ際に使うパレットなどは高価な製品です。しかし、運ぶ方法によっては想定していた以上の数を準備しなければいけないこともあり、それだけコストも上がってしまいます。 今後、急速なドライバー不足により人件費のコストが上昇していき輸送費がどんどんと上昇していく事がデーターとして出てきています。商品は売れたがその商品を運んでくれる運送会社が見つからないなんていうトラブルがたくさん出てくるでしょう。これから深刻なドライバー不足が急速にやってきます。これは避けては通れない事で運賃もどんどん上昇傾向にありますので、早急に運送会社の確保に手をつけたほうが懸命です。商品に輸送コストを増やす事に躊躇していれば深刻な事になり気づいた時は手遅れなんて事にならないようにしましょう。 その為、お得に輸送してくれるトラックチャーター便、混載便、緊急便の得意な所とお付き合いしていく事が望まれます。また、弊社のトラックチャーター便は車上受け車上渡しになります。「車上受け車上渡しとは」トラックの荷台の上からドライバーがお客様に荷物を受け渡す方法。その為、店舗内や工場内等からの搬出搬入はおこないません。。
ページトップへ