4トンウイング車・箱車の荷台のサイズ

4トンウイング車・箱車の内寸サイズ

 

4トンウイング車は数あるトラックの中でも人気で、各業界に幅広く活用されています。

4トンウイング車のサイズは、

  • 標準

  • セミワイド
  • フルワイド

に分かれてます。

箱の内寸が一番大きい「フルワイド車」の内寸

内長:6200mm

内幅:2405mm

内高:2380mm

次に内寸が大きい「セミワイド車」の内寸

内長:6200mm

内幅:2220mm

内高:2310mm

標準車の内寸

内長:6200mm

内幅:2130mm

内高:2250mm

ただ、車両メーカー・荷台架装メーカー・年式によっても誤差があります。

だと全長7600mm、全幅は2200mmで、荷台は長さが6200mm、幅が2130mmとなります。

その為、運送会社に確認が必要です。

 

また、荷台の長いロング車もありますが。

内長:7200mm7400mm8600mm9600mm

 

ただ、このような特殊なタイプのロングボディーのトラックは、荷主の荷物に合わせた荷台であり、

専属輸送をしてる為、なかなか車両手配やレンタルは出来ません。

 

あくまでも長さは6200mmの内長でフルワイド・セミワイド・標準で選定した方が懸命です。

また、横にウイングが上に上がらないタイプの箱車になると微妙に誤差があります。

| カテゴリー : blog | 投稿者 : tera

トラックにおける自動運転の将来

技術の進歩と共に変化を遂げてきた自動車において次にスタンダードになるのが自動運転であり、実現に向けて自動車業界のみに限らずIT企業も注力して開発を行っていますし、自動車会社とIT企業が協力する事例も増加傾向です。

そのような自動運転は乗用車に限らず物流を支えるトラックにおいても例外ではない上に、トラックの方が自動運転との相性が優れていて授かれる恩恵も多いです。

そのため、海外はもとより日本国内でも各地でトラックの自動運転の実用化に向けて実験が繰り返し行われているのですが、実験の結果見えてきたのは自動化させるからこそ効率性と安全性が向上させられる様子です。

自動運転のトラックは従来のようにドライバーがハンドルを握りアクセルやブレーキの操作を行う必要が解消されるため、常に均一的なアクセルワークと速度が維持できます。

そのように均一的なアクセルワークと速度を維持する事ができれば、道路を走行している車両同士の感覚が狭まったり広がるといった事が無くなるので渋滞が発生しなくなり、指定された時間通りの運送が可能になります。

しかも、常に一定した速度とアクセルワークを維持していれば排出される排気ガスの量が減らせますし、消費する燃料の量も少なくさせられるので長い目で見て地球環境を守る事に繋げられます。

もちろん、ドライバーがハンドルを握って刻々と変化する道路状況や交通状況に応じて運転の仕方を変化させるといった事も無くなるため、集中力を維持するために定期的に休憩を取る事も無くなりより一層遠くまで短時間で移動できます。

ドライバーが携わる事柄が少なくなるからこそ、人材確保が悩みの種になっている運送業者においては自動運転のトラックを導入すると人材が確保できなくても引き続き経営を継続する事ができますし、尚一層取扱量も増加させられます。

そして、自動運転が実用化されても込み入った住宅街や歩行者などが多いエリアでは引き続きドライバーが運転する様子になるので、自動運転が実用化されたとしてもドライバーは引き続き運送業界で活躍可能です。

| カテゴリー : blog | 投稿者 : tera

緊急便とは

ここではトラックの緊急便について説明してます。トラックをチャーターする時、当然ですが、何時ものルートが常時空いているとは限らないので、混雑具合や気象条件に合わせて変更できる、複数のルートを確保してあるのがトラック緊急便の常識です。
トラックと一口にいっても、定番の4トンや2トンだけでなく、大型便や軽貨物限定といったプランが用意されています。


また、バイク緊急便のようにトラック以外の車両で荷物を運ぶ場合もあります。

どの車両を選べば良いか分からない時は、問い合わせ窓口のオペレーターに提案してもらえるので、運んでもらいたい荷物の種類や重さを伝えることが先決です。

トラック緊急便は、急な依頼に応じて緊急輸送を請け負いますから、同条件の通常輸送と比べて料金が割増になる傾向です。イメージ的には、トラックとドライバーを手配するチャーター便のようなイメージなので、通常より料金が高めなのは仕方がないです。

しかし、その分信頼性重視でサービス提供が行われますし、何時依頼しても着実に目的地に届けてもらえます。
夜出発して翌日の早朝には届ける必要がある、そういう状況において非常に頼りになるサービスだといえるでしょう。

依頼する企業や選択するプランによりますが、他の依頼者の荷物も一緒に運ぶ、混載便で輸送が行われることがあります。これは発送のタイミングや発着地が近かったり、コストを削減して料金を抑える必要がある時に多いです。

逆に、トラック1台を丸ごと使うような荷物の量であれば、1台の車両を自分専用で利用することができます。
荷物の量に限らず専有したい場合は、最初から混載ではないサービスを選択する必要があります。

トラック緊急便は企業やプランでサービスの内容が少しずつ異なりますが、一方では共通点も少なからず存在します。例えば電話窓口がフリーダイヤルで、何時でも問い合わせができたり無料見積りを出してもらえるなどです。

更に、特定の地域やルートの強みを持っていたり、中距離便や長距離便に特化している点も挙げられます。
緊急輸送に対応できる企業が限られていることから、緊急時に任せられる選択肢が少ないのも共通です。

ただ、近年は一般的な宅配便の人材も不足しているので、必ずしも緊急輸送に限られるものではないです。
トラック緊急便などの緊急輸送サービスを利用しているのは、主に納品の遅れがビジネスに影響する企業です。
部品工場から組立工場に輸送したり、完成品を顧客の元に納品するというように、商品を取り扱う企業はあらゆる場面で輸送を必要とします。

勿論、頻繁に輸送が発生するとコストに直結しますから、なるべく移動を最小限に抑えたり、緊急便を使わなくても済むよう心掛けます。それでも、部品の納入遅れや製造上の都合が起これば、通常の輸送では期限までに間に合わなくなる状況が発生します。

こういった緊急時にこそトラック緊急便の必要性が高まり、頼れる存在として価値が表れるわけです。
緊急輸送には、コンプライアンスやドライバー不足などの社会的な変化により、サービス提供できる企業が少なくなっている現状があります。

だからこそ緊急対応ができる企業の存在は貴重ですし、料金が高めでも納得することが大切だと思われます。
頻繁に利用するサービスではなく、依頼が安定する保証はない業界ですから、尚のこと料金の高さには目を瞑ることが必要でしょう。

むしろ一般的な料金に僅かなプラスで引き受ける企業は、とても良心的でお客様思いだといえます。
ただし、ギリギリの経営だと今後存続が難しくなる恐れが強まりますから、適正料金を設定している企業を選び利用したいところです。

ドライバーの安全確保に注目が集まる昨今、突然荷物を任せて急ぎで届けてもらうわけですから、ドライバーには相応のリスクがあります。

依頼を行うかどうかはその点を含め、良く考えて決めることが大切ですし、コンプライアンスを守る企業に依頼するのが改めて正解だと分かります。
選択する上でのポイントは、企業の実績が豊富か否か、所有するトラックの種類と数やドライバーの質、そして積み替えの有無です。
これらを踏まえて比較検討を行なえば、料金よりもサービス品質重視の輸送を任せられる企業が見つかるでしょう。

| カテゴリー : blog | 投稿者 : tera

帝国ホテルで会合

先日、日本全国の運送会社関係者500名が集まる会合が帝国ホテルで行われました。

初めてこのような会合に出させていただきました。

弊社からも4名で出席し、せっかくなので宿泊もして来ました。

普段は電話のみでしか会話をした事がなかったお取引業者様にお会いでき楽しかったです。

たくさん名刺交換もできよかったです。

| カテゴリー : blog | 投稿者 : tera

パワースポットの聖域の岬

日本の三大パワースポットと言われる石川県能登珠洲岬にある「聖域の岬」へ行ってきました。

しかも、トラックで行ってきました。

平日なので4トントラックも駐車できたのでよかったです。

断崖絶壁の下に「ランプの宿」が見えます。

最高の景色です。

特に強いパワーの出てる青の洞窟にも行ってきました。

今回は仕事で能登へ久しぶりに来たので、寄って見ました。

以前、能登半島全域を大型トラックで輸送に何度も来たことがあったのでひさぶりに4トン車で来て観光もできてよかったです。

| カテゴリー : blog | 投稿者 : tera

求荷求車システム「ロジとら」

無料で使える物流マッチングサイトができました。

運送会社様と運送会社様を繋ぐ、求荷求車サイト「ロジとら」

無料で使用することができます。

会員になると荷物情報・空車情報を入力ができます。

 

| カテゴリー : blog | 投稿者 : tera

八ッ場ダムが台風で一気に満水に

2019年10月13日の強力な台風19号(ハギビス)が来たせいで、一晩で一気に満タンになってしまった。

それほど今回の台風が強力で雨量が多い台風という事だろう。また全国各地に甚大な被害を及ぼしたが、

もし、この八ッ場ダムがなければ1947年9月(昭和22年)に発生したカスリーン台風級の甚大な被害が今回も発生しただろう。

話によると当時のカスリーン台風の被害を教訓に八ッ場ダムの建設計画が始まったらしい。

しかし、カスリーン台風みたいな台風はもう二度と来ないだろうからダムなんて作る必要はないとか反対する者たちの圧力で工事は鎮座したりしていたが、つい最近やっと完成した。もし完成してなければカスリーン台風の時と同じくらいの被害が利根川の氾濫などで出ていただろう。早く完成させてくれた清水建設に感謝である。

八ッ場ダム

カスリーン台風による死者は1,077名、行方不明者は853名、負傷者は1,547名。その他、住家損壊9,298棟、浸水384,743棟、耕地流失埋没12,927haなど、罹災者は40万人を超え、戦後間もない関東地方を中心に甚大な被害をもたらした。

特に、群馬県赤城山麓や栃木県足利市などにおいては土石流や河川の氾濫が多発し、これらの被害者を中心に群馬県では592人、栃木県352人の死者を出している。また、利根川荒川などの堤防が決壊したため、埼玉県東部から東京都23区東部にかけての広い地域で家屋の浸水が発生した。この地域で大規模の洪水が発生するのは1910年明治43年)8月の大洪水(以下、「明治43年の大水害」と記す)以来であった。 Wikipedia 引用

八ッ場ダム満タン

予定ではダムが満タンになるまで2〜3ヶ月くらいかかると言われてたのがたった一晩で満タンになってしまうほどの雨量があったという事だろう。

八ッ場ダム完成

| カテゴリー : blog | 投稿者 : tera

【サウナ】の健康効果が凄い「ととのう」とは

上手にサウナを楽しむことで、体をいわゆる「ととのう」状態に導くことができます。

 

「整う」とはつまり健康になることを意味しており、精神的にも肉体的にもスッキリ爽快に至るのが特徴です。

プロサウナーの間では、疲労感が回復するだけでなく、一種の快感を味わうことができるとされます。

しかも、並大抵の快感ではありませんから、とてもリフレッシュできる上に、翌日の目覚めまで違ってきます。

このととのう状態をサウナトランスなどと言い、誰もが自分なりのやり方を追求しています。

 

というのも、明確なやり方は存在していないので、成功した人の意見を参考にしたり、試行錯誤して習得することが必要です。

ポイントは汗を掻く時間と水風呂の活用で、これらの組み合わせとサイクルが成功の鍵を握ります。

トランス状態に入ると、体の疲れや悩みが気にならなくなり、この世の極楽浄土の極致に至ります。

 

言葉で説明するのは難しいですが、仏教用語でいうところの悟りを開くような、そんな感覚が全身を覆うわけです。勿論、熱中症のような状態とは全く違いますから、体を危険に晒して特別感を得るのとは異なります。

 

当然ながら安全第一なので、サウナに入る時間は予め決めておき、時間を確認しながら休憩を挟んで、水分補給を忘れないようにしましょう。

 

正解はありませんが、「ととのう」トランス状態の極致に至っているプロサウナーによれば、5分ほど汗を流してから水風呂に浸かり、水を飲んでからまた汗を流すそうです。

これを数セット繰り返すことによって、次第に心身がトランス状態へと導かれ、やがて極楽気分が味わえます。

 

しかし、水風呂は心臓を中心に負担が掛かりますから、短時間で何度も出入りを繰り返すのはリスクがあります。

 

特に初心者は体が慣れていないので、まずは1回6分〜10分を3セットほどから繰り返すのがおすすめです。

 

ただ、やはり楽しく利用してこそですから、あまり厳密に時間やセット数を気にしなくても良いでしょう。

 

じっくりと汗を掻いてその時間を楽しむ、休憩になったら外に出て水分を補給する、それだけでも極論を言えば十分です。定期的に良い汗を掻くことは、汗腺の発汗機能が促進され、暑い時にしっかりと体温調節ができるようになります。

 

毛穴の汚れも綺麗に排出されるので、体臭が弱まったりさっぱり感が得られるメリットもあります。

 

体内では血行が促進され血流は2倍にもなりますから、疲労物質の排出にも役立ちます。

 

強力なデットクス効果や自律神経の改善・疲労物質の乳酸が取れたり、免疫力アップ・冷え性改善・疲労回復・美肌効果・代謝アップ・ディープリラックス等、慢性的な肩こりや背中の張りに腰痛など、体の節々から疲れや痛みが抜けていくでしょう。

 

血圧は血管の収縮によって変化しますが、サウナの中では放熱の為に血管が拡張され、結果的に血圧が下がります。

 

時折水風呂に浸かるのも、実は血圧を正常にするのに合理的な方法です。

 

元々低めの人は気をつけた方が良いですが、血圧が高めな人であれば、低く抑えて正常値に近づけられます。

プロサウナーのように定期的に楽しむ習慣を作ることで、得られる健康は一時的なものではなくなるはずです。

 

高温だと熱いお湯に浸かるように神経はたかぶりますが、逆にやや低めの温度だと、副交感神経が優位になってリラックスできます。

 

気持ちが落ち着き疲労感が抜けるのは、この副交感神経優位の状態による部分も大きいです。

 

強い光に触れて夜ふかしをしたり、不安や心配事を抱えている人は、緊張状態の交感神経が優位になりがちです。これらは生活習慣の見直しや深呼吸で改善しますが、直ぐにでも解消したいならやはりサウナをおすすめします。

最高のサウナを体験したいのであれば、プロサウナーのように準備を整えてから臨みたいところです。

 

タオルは汗を拭くのに使うので、吸水性が良い清潔なものを用意しましょう。

使い古して汚れが残っているタオルだと、汗を吸った時に嫌なニオイがしますから、必ず清潔なことが条件です。本格的に汗を掻く前には、もう1枚異なるタオルで全身を軽く擦り、毛穴から汗が出るように促すのが良いです。

 

イメージ的には軽い乾布摩擦で、体表の血行を促進することが、プロサウナーのトランス状態を獲得する第一歩となります。

 

水風呂は効果を左右する大切な要素ですから、前もって冷たさを確認しておくと安心です。

 

そうすることで水風呂が苦手な人でも、心構えをしておくことができます。何処まで浸かるかは自由ですが、無理をすると体に負担を掛けるので、最初は腰くらいに留めておくのが無難です。

 

手慣れているプロサウナーは、何度も繰り返し経験することで自分にとってベストな方法を確立していますから、安易に真似しないのが賢明です。

 

言うまでもないですが、飲酒後の血行促進や脱水は健康上のリスクなので、素面の時に限ることが原則です。

 

発汗や冷却と休憩のサイクルを繰り返し、試行錯誤であれこれ試してみると、非常に気持ち良く感じられる瞬間に出合えます。

それこそがととのう状態ですから、感覚を掴んで再現できるように習得を目指しましょう。

| カテゴリー : blog | 投稿者 : tera

トラック運転手の免許改正について

トラックドライバーの免許改正

 

2017年の312日に新たなる免許制度が開始された事により、従来の自動車免許と改正後の自動車免許で運転する事ができる車両に差異が生じる様子になったため、自動車を利用して仕事をしているトラックドライバーや今後運送業での活躍を考えている方は、改正された免許制度についてよく理解しておく事が大切です。

この度の10年ぶりの免許改正において要となるのは新たに準中型免許が追加された様子で、従来の中型免許における課題とされていた点の解消を目的とされているため、新設された事によってトラックの運転に際する敷居が低くなり運送業などにて人手不足の解消に繋げられます。

 

そのような準中型免許というのは名称に準という文字が用いられいてる様子からもわかるように、普通自動車免許と中型自動車免許の中間部に位置付けられている自動車免許の事を指します。

 

普通自動車免許では車両の総重量が5トン未満かつ最大積載量が3トン未満の車両のみしか運転できないため、トラックを運転する必要がある場合には中型自動車免許を有している必要があったものの、中型自動車免許は普通自動車免許を取得した後に2年間以上の運転経験がなければ交付されませんでした。

つまり、普通自動車免許が取得可能になる18歳を迎えてからすぐに免許取得をした場合、運送業に就職する事は可能であっても就職後2年間は小型のトラックしか使用する事ができず、最短でも20歳を迎えてからでなければ車両と積載量が大きなトラックを運転する事ができないので実情でした。

 

そこで新設された準中型免許を用いると中型免許に比較すると、小型な車両にはなりますが総重量が7500キログラム未満かつ積載量が4500キログラム未満のトラックが運転可能になります。

 

準中型免許を得るには複数の方法と条件が存在し、普通自動車免許を有していない方の事例では年齢が18歳を超えていて矯正器具を使用した上で受ける視力検査や聴力検査、運動神経が無問題である事が条件であり普通自動車免許と同じく指定されている自動車教習所にて、技能講習や適性検査を受けて卒業試験を合格すれば交付して頂けます。

 

一方、普通自動車免許を取得したのが2007年の61日よりも前であれば既に中型免許を有している事になっているので新たに取得する必要は無く、取り分けて手続きなどをせずに準中型自動車が運転可能です。

 

2007年の61日から2017年の311日の間で免許取得をした方は、指定されている教習所にて4時間分の技能講習の受講、もしくは試験場にて限定解除試験を受験し合格する事により限定を解除して頂けるので準中型自動車が運転できるようになります。

 

このように普通免許と中型免許の中間部に準中型免許を設け、より一層細やかに自動車免許の区分を分けた理由は、18歳ですぐに免許取得を行った場合でも早くても20歳を迎えなければ中型自動車が運転できなかったためです。

 

18歳から20歳を迎えるまでの普通免許でも小型トラックが乗れる事は事実ですが、運送業者においてはできるだけ多くの荷物を運送すべく導入されている車両は中型や大型が多いため、小型トラックでは対応できなかったり小型トラックを利用して近隣の配送を行うというように業務内容が固定化されてしまうので、ドライバー不足に見舞われている運送業界においては課題点とされていました。

 

運送業界にて人手不足が深刻化し流通が円滑に行われなくなったり規模が縮小すると経済全体に影響する上に、人々の生活にも影響が及ぶという懸念が深刻化してきたため社会のニーズに応える形で準中型が新設され、18歳であっても7500キログラムまでであればこれまでよりも大きなトラックが運転できるようになりました。

 

早い段階から準中型自動車が運転可能になると、尚一層車両と積載量が大きい大型トラックの運転や大型自動車免許の取得に繋げやすくなり、ますます人材確保の敷居が高くなる大型自動車免許の有資格者の確保にも役立ち一企業はもとより運送業界全体の安定化が実現できます。

 

準中型免許を取得する際には普通自動車や小型トラックよりも大きな車両を運転する上での様々な注意事項や上手に運転する上でのポイント、積載量や車両が大きくなった事により挙動の変化などについて学んでいきますが、特に普通自動車や小型トラックと異なる様子に感じられるのは右左折時の内輪差についてです。

 

内輪差というのは、運転席や助手席の下部にある前方部のタイヤと後輪が右左折時に異なる箇所を転がる事を指し、車両の大きさが大きくなるほど前輪と後輪の幅が広くなるので、前輪と後輪のタイヤの転がる位置が変化します。

 

そのため、準中型自動車では普通自動車や小型トラックに比較して後輪が前輪が通った場所よりも内側を通るので、交差点などでは歩道にタイヤが乗り上がってしまったり信号待ちをしている歩行者に近づきすぎないよう内輪差に意識する事が大切です。

| カテゴリー : blog | 投稿者 : tera

2トンロングパワーゲート車

Isuzuより新車のエルフ、「2トンロングパワーゲート車」が納車されました。

ピッカピカの新車に最近入社した20代のドライバーが早速乗ります。

来月も新車の2トンパワーゲート車が納車されます。

最近は20代の若手ドライバーが続々入社してきてるので、すでに乗るドライバーも決まってます。

 

| カテゴリー : blog | 投稿者 : tera