ヤマト運輸が求荷求車システムを展開か

 ヤマト運輸株式会社が運送会社と荷主を繋げるマッチングシステムを構築する模様だ。

ヤマト運輸、荷主と運送会社を仲介するシステム構築へ

 宅配最大手のヤマト運輸を傘下に持つ「ヤマトホールディングス」は、物流事業を手がけるベンチャー企業と資本提携し荷物を送りたい企業と運送会社を仲介するシステムを構築すると発表しました。
ヤマトホールディングスが新たに乗り出すのは荷物を送りたい企業と複数の運送会社をインターネット上で仲介する事業です。具体的には荷物を送りたい企業が提示した条件を見て、運送会社側が応札できるほか、反対に運送会社側が示す料金や納期などを見て企業がどこに頼むか選べるようなシステムの構築を目指すということです。

ヤマトはラクスルが持つデジタル管理のノウハウを取り込むことで物流業界の構造改革を図り、深刻なドライバー不足などの課題解決につなげたい考えです。

 引用:TBSニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください