インフルエンザ流行入り

早くもインフルエンザ流行入り…患者推計7万人

 厚生労働省は25日、インフルエンザが流行入りしたと発表した。

  • 今月14~20日に全国約5000か所の定点医療機関から報告のあった患者数が、1医療機関当たり1・38人となり、流行の目安となる1人を超えた。

 例年より2、3週間早く、現在の集計方法になった1999年以降では、新型インフルエンザが流行した2009年を除いて最も早い流行入りとなった。

 発表によると、報告患者数は6843人で、全国の推計患者数は約7万人とみられる。都道府県別で1医療機関当たりの患者数が多いのは、沖縄(8・12人)、栃木(5・5人)、福井(3・5人)など。検出されているウイルスは「A香港型」が多い。流行のピークは来年1月下旬頃の見込み。YOMIURI ONLINE 引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください