いすゞ自動車/大型トラック「ギガ」をフルモデルチェンジ

いすゞ自動車/大型トラック「ギガ」をフルモデルチェンジ

2015年10月28日

いすゞ自動車は10月28日、大型トラック「ギガ」シリーズで主力の単車系(6UZ1型エンジン搭載車)をフルモデルチェンジした。

<大型トラック「ギガ」>
大型トラック「ギガ」

新型ギガは、労働力不足や運行コストの低減などの課題、環境や安全に対するニーズの高まりを受け、車両単独性能の追求から「運ぶ」システムへと進化し、顧客の稼働をサポートする。

顧客ニーズと次世代トラックのあるべき姿を見据え、快適な運転環境の実現、省燃費の追求、トータルセーフティの追求、高積載の確保、情報通信による遠隔サポートといった5つの視点で、その性能を磨き上げたという。

主な改良点の内、エクステリアでは、新空力骨格キャブにより、空気抵抗を低減させると同時に、昇降ステップやグリップ等を効率よく、かつ美しくレイアウトするなど、使い勝手と経済性能を両立した。

インテリアでは、運転操作性の向上として、セミラウンドインパネを採用した。スイッチ類をメーター・インパネ周りに集約し、また使用頻度に合わせてゾーン分けして機能的に配置することで、運転時の操作性や識別性が向上し、より効率的な操作が可能となった。

また、ステアリングスイッチと4インチ液晶モニターのマルチインフォメーションディスプレイを採用することにより、安全で負担のない操作を可能にした。

エンジンでは、6UZ1エンジン本体を改良。ターボチャージャーの仕様変更、インタークーラーとラジエーターの大型化、EGRクーラーの高効率化、サプライポンプの変更、新インジェクターの採用、超高圧コモンレールの採用により、低・中回転域のトルクアップを図り、燃費が向上した。

トランスミッションでは、進化した自動式変速トランスミッション「Smoother-Gx」により、スムーサーのシフトショックを低減し、より滑らかな発進を実現。また、エンジンリターダを採用することで補助ブレーキの制動力も向上している。

価格は車型QPG-CYJ77B-WX-D 23A、エンジン/トランスミッションが6UZ1-TCS/12速AMTが2341万6560円(消費税込)。

目標販売台数は8000台/年。

lnews  引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください