緊急便

まずはお気軽にご相談ください!

フリーダイヤル ↑携帯でクリックすると電話できます!フリーダイヤルの受付時間は9時〜18時です。

トラックの手配ができない時に!緊急配送・当日配送できる「緊急便」があります!テラテクニカルは日本全国を対象に緊急輸送用のトラックを手配します。お見積りは無料です。「積み忘れの荷物が出た」「なんとか納期に間に合わせたい」など緊急の車両手配でお困りなら緊急便をご利用ください。

テラテクニカルのトラック緊急便手配サービス

東京・大阪をはじめ全国を対象に、以下の緊急配送の車両を手配できます。24時間365日対応の協力会社もネットワークしています。 ※状況によっては対応できない場合もあります。
  1. 4トントラック緊急便
  2. 大型トラック緊急便
  3. 2トントラック緊急便
  4. 軽貨物緊急便
  5. 長距離緊急便
  6. 中距離緊急便
  7. 近距離緊急便

緊急便のお見積もりは無料です!

無料見積りまずはフリーダイヤルに電話して、緊急輸送を手配できるか確認しましょう。商品を取り扱う事業なら急ぎの荷物が出てくる状況はアリうることです。「積み忘れた荷物が見つかった」「今日中に配送したいが必要なトラックを手配できない」などの状況を想定して、対応策を用意しておくことが、企業の信頼を守る手段として有効です。「緊急便」なら急ぎの輸送に対応するトラックを手配できます。

フリーダイヤル ↑携帯でクリックすると電話できます!フリーダイヤルの受付時間は9時〜18時です。

テラテクニカルのように東京を始め全国をサービス対象に、24時間365日体制で受け付けている企業や、協力会社数のネットワークが多い企業等、緊急便を扱う運送業者と提携しておくと、速やかに発送依頼でき、いざというときに急ぎの荷物を無事輸送できるでしょう。

急ぎの車両手配に対応する、緊急便とは?

緊急便とは、出荷漏れや当日配送など通常の輸送では間に合わない時に、急ぎの荷物を配送するためのトラック便の車両手配や荷物の引取、顧客までの緊急輸送を行うサービスのことです。トラック緊急便

たとえば物流の繁忙期には、車両確保が難しい時期もあります。また、災害などの影響で通常の輸送ができない場合にも、テラテクニカルがトラックの緊急便を手配します。

商品を取り扱うのは多くの企業にとって欠かせないことであり、企業間や企業と個人の間で商品の輸送が行われます。工場から工場へと荷物を移動する場合や、製品を卸や小売に出す場合にも必ず大きな輸送手配が欠かせません。その際にうっかり積み荷を載せ忘れてしまったり、納期に間に合うかの瀬戸際になってしまったりすることもあったり。急な納品の依頼が届いてしまうとさらに厳しい事態に陥る場合もあります。

すでに自社のトラックは出払ってしまっていたり、夜中の依頼で明け方まで郵送車両が手配できなかったりしてしまうことで、輸送手配に困難が生じる場合もあるからです。そのような場合にすぐに対応して相手の満足を満たせるかどうかは企業として信頼に関わることになります。このような形で急ぎの荷物が発生してしまうことは珍しいことではありません。

テラテクニカル緊急便配送事例

■70社に断られた荷物を即引き受け、緊急便のトラックを手配

大阪から青森県大間のマグロ漁船のスクリューを大手運送会社に輸送を断られたお客様から急きょご依頼をいただきました。翌日には届けなければいけないのに、大手運送会社がサイズ的に「無理です、運べません」と言われたそうです。大阪から青森に翌日の朝には無事届けました。

■世界規模の海外の物流会社から緊急便の依頼

世界的に有名な物流企業より、東京都江東区有明の物流センターより空輸で届いたワインで使用する機械を翌日の午前中に、 北海道の余市のワイナリーまで運んで欲しいという依頼が来ました。夕方に東京都江東区有明で積み翌日の午前10時には、 雪もたくさんありましたが無事にお届けしました。

■離島からの緊急便輸送

某水産会社より、ブリの養殖で使用する魚網を佐渡島和木漁港から、九州の宮崎県串間市の漁港まで輸送をしました。

■大型テーマパークで使用するいちごの苗も運んでます

弊社では毎年、大型テーマパークの依頼で、長野県・埼玉県から北海道まで、いちごの苗を輸送しています。ここで作られたイチゴは、千葉県内の大型テーマパークで使われます。

■群馬県や東京都からの九州へ長距離の輸送

弊社では関東近郊から九州地方への輸送も得意としております。東京都八王子市で制作された店舗家具を4トンパワーゲート車や2トンパワーゲート車などで東京都から九州全域へ店舗什器・店舗家具の輸送なども運んでます。緊急の場合は群馬県から九州の福岡や大分県・宮崎なども翌日には配送したりします。

緊急便のトラック手配と配送の仕組み

緊急便を依頼すると、連絡に応じてトラックの手配を行い、積み荷の積載のために速やかにご訪問します。そして、その積み荷を最短経路で送りたい先へと配送するシステムです。緊急便は、突発的なトラック手配に対応し、連絡を受けてから最短の時間で輸送してくれることがメリットです。

トラック緊急便

緊急便とトラック便の違いとは


急ぎでトラックを手配する緊急便は実質的にトラックチャーター便とも言えます。依頼に応じて早急に輸送対応してもらえる点で緊急便とチャーター便は似ていますが、即応してもらえる緊急便と基本的には予約によって日時を決めて利用するチャーター便という違いがあります。

また、状況に応じて混載便として取り扱われることもあるため、積み荷の全てが自分の依頼したものではない可能性もあることは相違点として留意しておきましょう。混載便によって価格を引き下げられるため、混載便が得意な輸送会社に依頼を出せば安価に輸送手配できる可能性が上がります。

既に運送予定が決まっているトラックに追加の積み荷として積載することによって運送手配を行うことが通常であり、その対応の場合には発着予定時刻が明確になるのが特徴です。すぐに積み荷を載せて出発できるトラックが運送業者側にある場合には、見積もりの際に選択できる場合があります。

一方、本当に急ぎの場合には指定時刻まで待てないこともあり、該当するようなトラックが予定に入っていない場合には混載便での手配が難しいこともあります。しかし、そのような場合にはチャーター便や緊急便を選ぶことによって即時発送を実現することが可能です。

緊急便とチャーター便の使い分け!輸送コストではチャーター便や混載便という選択肢も

トラック緊急便

迅速さと柔軟性では緊急チャーター便軍配が上がります。状況とニーズに応じてチャーター便とするか混載便とするかの選択ができるようになっているのが緊急輸送のサービスの基本です。

運送業者によって、同じ緊急便という名前をつけていてもサービス内容に違いがあることにも注意しておくことが大切です。 特に異なるのが集荷や輸送を取り扱っている地域の範囲です。全国各地にトラックが配備されていて、集荷も運送も全国対応をしてくれる大きな運送業者もあります。

一方で、地域を限定して行っている運送業者もあり、その範囲が集荷の範囲である場合もあれば、輸送先の範囲である場合もあるのが現状です。地域を限定することによって集荷に訪れるまでにかかる時間や輸送完了までにかかる時間をセールスポイントとしてメリットをアピールしていることが多いのがこういった地域限定の緊急輸送の特徴となっています。

大きな企業であったり、多くの企業を相手にしていたりするほど全国規模での運送が必要になる場合が多くなるでしょう。その際に窓口を一つにできると経理が容易になるのは明らかであり、全国対応をしてくれる運送業者を利用することにはメリットがあります。企業規模や事業規模が大きくなるにつれて必要性が高まると考えて予め提携をしておくのも企業として賢明な考え方です。

急ぎの荷物を一刻も早く届けるという性質から電話一本で24時間対応している企業もあったり瞬時に対応できる企業もあったり各社様々ですが。早朝や深夜に完成した商品を速やかに発送したいという場合にも電話をかけるだけで速やかな対応を受けることが可能です。

365日対応していて年末年始や引越しシーズンのような車両手配に苦労しがちな時期であっても車両確保を期待することができます。電話をしてから車両手配が可能かどうかの回答までの迅速さも特徴であり、数分の間にいつの発送が可能かの回答をするのが基本サービスとなっているのも特徴です。

緊急輸送が難しい運送会社が増えている?!

トラック手配

コンプライアンスの関係やドライバー不足でますます緊急輸送は難しくなってきています。そのため、緊急で輸送ができる運送会社を見つけたら確保しておきましょう。しかし、緊急便輸送といってもいろいろあります。バイク便・軽貨物便・1トン車便(ハイエース等)・2トン車・4トン車・大型車等と運ぶ荷物によって多種多様です。荷物によって車両も変わるように手段も変わってきます。車種によって得意な会社が変わってきますので、よく調べて自社にとって最適な運送会社を調べておきましょう。

イレギュラーな荷物が発生してしまったときや深夜に発送しなければ間に合わないときに役立つのが緊急便です。バイク便、軽貨物便、ハイエース、2トン車など送る荷物に応じて、さまざまなものがあります。

実質的にみるとトラックチャーター便のようなもので、基本的には連絡を受けた運送業者がトラックの手配を行い、積み荷のために注文者を訪ねます。そして、最短のルートで荷物を目的地へと運んでくれるのです。価格を抑えたときには混載便として送ることのできる運送業者を利用すると良いでしょう。迅速性・柔軟性を優先したいときにはチャーター便、コストを優先したいときには混載便を選択することをおすすめします。