緊急便

フリーダイヤル


緊急便もいろいろな緊急便があります


「4トントラック緊急便」・「大型トラック緊急便」・「2トントラック緊急便」・「軽貨物緊急便」・「バイク緊急便」と数々あり。その他にも「長距離緊急便」・「中距離緊急便」・「近距離緊急便」と色々な緊急便がありますが、場合によっては対応できない場合もあります。商品を取り扱うのは多くの企業にとって欠かせないことであり、企業間や企業と個人の間で商品の輸送が行われます。

工場から工場へと荷物を移動する場合や、製品を卸や小売に出す場合にも必ず大きな輸送手配が欠かせません。その際にうっかり積み荷を載せ忘れてしまったり、納期に間に合うかの瀬戸際になってしまったりすることもあったり。急な納品の依頼が届いてしまうとさらに厳しい事態に陥る場合もあります。


すでに自社のトラックは出払ってしまっていたり、夜中の依頼で明け方まで郵送車両が手配できなかったりしてしまうことで、輸送手配に困難が生じる場合もあるからです。そのような場合にすぐに対応して相手の満足を満たせるかどうかは企業として信頼に関わることになります。 このような形で急ぎの荷物が発生してしまうことは珍しいことではありません。


一刻も早く荷物を届けなければならないようなときに利用できるサービスとして、緊急便を知っておくと目的を達成することができるでしょう。


基本的には連絡に応じてトラックの手配を行い、積み荷の積載のために速やかに訪れます。そして、その積み荷を最短経路で送りたい先へと運んでいくというシステムです。連絡を受けてから最短の時間で輸送を実現してくれることがメリットです。


実質的にはトラックチャーター便と考えることもできます。依頼に応じて早急に輸送対応をしてもらうことができるという点で依頼者側から見るとチャーター便に似ているからです。ただし、すぐにその場で対応を受けることができる点が、基本的には予約によって日時を決めて利用するチャーター便とは異なります。


また、状況に応じて混載便として取り扱われることもあるため、積み荷の全てが自分の依頼したものではない可能性もあることは相違点として留意しておきましょう。混載便にすることによって価格を引き下げることができるため、混載便の得意な輸送会社に依頼を出すことによって安価に輸送手配をすることができると期待できます。


既に運送予定が決まっているトラックに追加の積み荷として積載することによって運送手配を行うことが通常であり、その対応の場合には発着予定時刻が明確になるのが特徴です。すぐに積み荷を載せて出発できるトラックが運送業者側にある場合には見積もりの際に選択することができたり。 一方、本当に急ぎである場合には指定時刻まで待つことができないこともあり、該当するようなトラックが予定に入っていない場合には混載便での手配が難しいこともあります。しかし、そのような場合にはチャーター便や緊急便を選ぶことによって即時発送を実現することが可能です。


輸送コスト面では緊急便はチャーター便や混載便に比べると高くなりがちですが


迅速さと柔軟性では緊急チャーター便軍配が上がります。状況とニーズに応じてチャーター便とするか混載便とするかの選択ができるようになっているのが緊急輸送のサービスの基本です。


運送業者によって、同じ緊急便という名前をつけていてもサービス内容に違いがあることにも注意しておくことが大切です。 特に異なるのが集荷や輸送を取り扱っている地域の範囲です。全国各地にトラックが配備されていて、集荷も運送も全国対応をしてくれる大きな運送業者もあります。


一方で、地域を限定して行っている運送業者もあり、その範囲が集荷の範囲である場合もあれば、輸送先の範囲である場合もあるのが現状です。


地域を限定することによって集荷に訪れるまでにかかる時間や輸送完了までにかかる時間をセールスポイントとしてメリットをアピールしていることが多いのがこういった地域限定の緊急輸送の特徴となっています。


大きな企業であったり、多くの企業を相手にしていたりするほど全国規模での運送が必要になる場合が多くなるでしょう。その際に窓口を一つにできると経理が容易になるのは明らかであり、全国対応をしてくれる運送業者を利用することにはメリットがあります。企業規模や事業規模が大きくなるにつれて必要性が高まると考えて予め提携をしておくのも企業として賢明な考え方です。


急ぎの荷物を一刻も早く届けるという性質から電話一本で24時間対応している企業もあったり瞬時に対応できる企業もあったり各社様々ですが。早朝や深夜に完成した商品を速やかに発送したいという場合にも電話をかけるだけで速やかな対応を受けることが可能です。


365日対応していて年末年始や引越しシーズンのような車両手配に苦労しがちな時期であっても車両確保を期待することができます。電話をしてから車両手配が可能かどうかの回答までの迅速さも特徴であり、数分の間にいつの発送が可能かの回答をするのが基本サービスとなっているのも特徴です。


見積もり自体は無料で実施されている


まずは電話をして緊急輸送の手配が可能かどうかを確認するのが得策になります。 急ぎの荷物ができてしまうのは商品を取り扱う事業を行っている以上は回避することが難しい事態です。その状況を想定して予め対応策を考えておくことは信頼性の高い企業となるために欠かせないでしょう。緊急便を利用することでそれが実現可能であることを知っておくことが大切です。


全国対応を365日、24時間体制でおこなってる企業や協力会社数のネットワークが多い企業等、運送業者との提携を行っておくことで速やかな発送依頼もできるようになり、いざというときに困ることなく速やかな対応を取ることができるようになるでしょう。


運送会社は緊急輸送がだんだんできなくなってきております。コンプライアンスの関係やドライバー不足でますます緊急輸送は難しくなってきているのです。その為、緊急で輸送ができる運送会社を見つけたら確保しておきましょう。


しかし、緊急便輸送といってもいろいろあります。バイク便・軽貨物便・1トン車便(ハイエース等)・2トン車・4トン車・大型車等と運ぶ荷物によって多種多様です。荷物によって車両も変わるように手段も変わってきます。 車種によって得意な会社が変わってきますので、よく調べて自社にとって最適な運送会社を調べておきましょう。


イレギュラーな荷物が発生してしまったときや深夜に発送しなければ間に合わないときに役立つのが緊急便です。 バイク便、軽貨物便、ハイエース、2トン車など送る荷物に応じて、さまざまなものがあります。 実質的にみるとトラックチャーター便のようなもので、基本的には連絡を受けた運送業者がトラックの手配を行い、積み荷のために注文者を訪ねます。そして、最短のルートで荷物を目的地へと運んでくれるのです。価格を抑えたときには混載便として送ることのできる運送業者を利用すると良いでしょう。迅速性・柔軟性を優先したいときにはチャーター便、コストを優先したいときには混載便を選択することをおすすめします。


「緊急便」という名前がついていても運送業者によってサービス内容が異なるので、注意してください。


もともと緊急事態であるにもかかわらず契約内容を勘違いしていたばっかりに思ってもみない状況に陥ると、ますます問題が拡大してしまいかねません。緊急便のサービスをしている会社は365日24時間対応している会社が多いので、まずは運送業者に電話でいつ届くのかを確認しましょう。配送車にGPSが装着されていれば、荷物の配送状況を逐一確認することができ、安心できるはずです。


実は緊急対応している運送会社はそれほど多くはありません。


緊急便と言っても「軽貨物の緊急便」だったり、「ハイエースの緊急便」だったり、「バイク便の緊急便」は多くありますが、「2トン車の緊急便」や「4トン車の緊急便」、「大型車の緊急便」を取り扱ってる緊急便対応の運送会社は実は少ないのです。


また、中距離の緊急便・長距離の緊急便となるとより一層、対応できる運送会社は少なくなります。


今後、トラックドライバー不足や法律の改正がない限りトラックによる緊急輸送、長距離・中距離輸送は深刻な事態になって行くと予想されます。その為、急な荷物の輸送はなるべく控えたり、緊急便の対応が得意な運送会社を見つけるべきでしょう。


ビジネスをしていると、今日中にどうしてもこの荷物を届けなければならない


そうといった場面に遭遇することもあります。通常の宅配では間に合わない時に便利なのが、緊急便と呼ばれる配送方法です。こうした緊急便サービスは、全国各地で様々な業者が介入しています。通常の配送サービスより割高であるのが一般的で、荷物の大きさや中身によってサービス内容を選ぶことが重要となるのです。運ぶ距離も料金やサービスに関係しています。緊急便を扱っている業者の中には、近郊のみ受付となっていることも多く、中長距離を依頼したいときは注意が必要です。


中長距離の急ぎの荷物で、個数が多い場合はトラック配送を選ぶことが基本となるでしょう。トラックによる緊急配送は、チャーター便と混載になる可能性もあります。同じ方向へ向かうチャータートラックがある場合、荷量に余裕があれば混載で荷物を載せてもらえる可能性があるのです。個数の多い荷物の緊急配送には、こうした中長距離向けのチャーター便を扱う配送業者を知っておくといいでしょう。


小さな荷物であっても、届け先が遠方になるという事であれば、バイク便と公共交通機関を利用した緊急便を利用する事も可能です。全国に配送してもらえる緊急便のなかには、バイク便と飛行機や新幹線などを組み合わせて、日本中どこでも荷物を発送できるところがあります。公共交通機関を利用した緊急便は、渋滞などの影響を受けることがありません。事故などのトラブルが起きない限り、時間に正確な配達ができるメリットがあります。


300km程度の中距離であれば、軽貨物車輛やハイエースなどを利用した緊急便も魅力があります。届け先が工場や倉庫などであれば、大型トラックなども入ることが出来ますが、小さな店舗や会社だと、道幅によっては大型車両の進入が難しいこともあります。そういった場合は、軽貨物車輛を利用した緊急便が向いています。


軽車両のコンパクトさと、貨物スペースの広さという両方のメリットを兼ね備えているため、大きな荷物や長尺ものといった配送も可能です。軽車両であるため、細い道でも問題なく運ぶことが出来、依頼主から直接荷物を受け取り、そのままの車両で先方までダイレクトに届けることが出来る軽貨物の緊急便は、荷物の紛失トラブルがなく安心できる配送手段でもあります。急いで荷物を届けたい緊急便といっても、選択方法がいくつもあるので、自分に合った配送方法を選ぶことが大切なのです。