パワーゲート車をお探しなら

パワーゲート車をお探しならお気軽にご相談してください

パワゲート車をお探しなら、お気軽にご相談ください。荷物を輸送する際に荷物の重量があり、人の手で持てない場合などにパワーゲートを使用し地面に置いてある荷物をトラックの荷台へ速やかに積む事が出来る、大変重宝される装置です。

フリーダイヤル

パワーゲート車とは

大きな車体の後部のスペースを最大限に活かし一度に多くの荷物を遠方まで運ぶ事が可能なトラックは、全ての荷物を出し入れする際などは最も大きく開く観音開きの後部ドアを開け放して作業に当たります。

通常であれば観音開きのドアという事もあり中央部に左右のドアによる隙間が縦方向に向かって生じていますが、全ての車両に共通して見られるわけではなく、車両の中には後部ドアのおよそ3分の2を覆うようにしてもう一枚の部品が備わっている事例もあります。

観音開きの後部ドアの上に重なるようにして備わっているもう一枚の部材はパワーゲートという装置であり、作動させると後部ドアに接している状態から少しずつ地面と水平になっていき、完全に水平になった後は水平状態を維持したまま上下の動作が行われます。


そのようなパワーゲートが備わっているトラックの事をパワーゲート車と呼び、搭載されているとたとえ荷積みもしくは荷降ろしを行う倉庫などの現場でクレーンやフォークリフトが無くても、重量感がある物や大きな物を安全かつ快適に荷台から下ろしたり積み込めるようになります。


また、一言でトラックとは言っても販売されているトラックメーカーや車両により差異があるため、トラックの荷降ろしを目的としている倉庫であっても、プラットフォームに車両を寄せた際に合わずフォークリフトなどが使用できない事例もあります。


そういった各車両により異なる規格にも左右されないため、パワーゲート車であれば従来のようにトラックとフォークリフトはセットで考える必要性が無くなり、非常に自由度と柔軟性を高める事が可能です。


そして、パワーゲート車はパワーゲートというリフト機能が備わっている車両の事を指すので、トラック以外を対象とする事例もあり特に今日の高齢化社会に伴い導入率が高まっているのが、ワンボックスカーをパワーゲート車にする様子です。


一見するとファミリー層などが日頃から使用する一般的なワンボックスカーに見えるものの、後部ドアを上方向に跳ね上げパワーゲートを動作させると、内部からパワーゲートが地面と水平に延び、その後地面に向かってゆっくりと下降していきます。


ワンボックスカーによるパワーゲート車が使用されるシーンとしては、車椅子の方を円滑かつ安全に自動車内に乗せてあげる事であり、従来の介護車両のように車外に出した座席に車椅子から座り直す必要が無いので大きな安心感が得られます。