チャーター便と混載便の違い

チャーター便の御荷物が出たらお気軽にご相談

フリーダイヤル

 

チャーター便と混載便の大きな違いは、「チャーター便」は日時指定ができるが、「混載便」は細かい日時指定ができないという点です。

 

チャーター便といっても色々あります。輸送手段がトラックか船か飛行機かを問わず、荷物をどこかに配達したい時には数種類の方法から選べます。弊社が得意としているチャーター便はトラックで輸送する【トラックチャーター便】【緊急チャーター便】や他にも【2トンチャーター便】【4トンチャーター便】【大型車チャーター便】また弊社が得意とする輸送方法に「混載便」という輸送方法があります。この二つには大きな違いがありますので、それぞれメリットとデメリットについて見ていきましょう。

例えばトラックの場合

「チャーター便」と呼ばれる輸送ですが、丸ごとトラック一台をチャーターするということになります。荷主のお荷物だけという状態です。これにより何が生まれるかと言うと、自分自身の荷物しか積んでいないわけですから自由に配達の時間やルートを選べるというメリットがあります。特に非常に急ぎの荷物がある場合にはチャーター便と緊急便を組み合わせた輸送方法もあります。他の荷物をゆっくりと下ろしながら進む混載便ではとても間に合いません。

そのため1台トラックをチャーターして、真っ直ぐに目的地まで走らせる事ができます。また非常に大きかったり重たい荷物というのも、混載便の方では敬遠されがちですのでこのようなものを形を崩さずに運ぶという点でもチャーター便の方が優れていると言えるでしょう。

特に長さがありすぎたり、とても重たいものというのは他の荷物との相性が悪く、非常に積荷として組み込みにくいものですので、多少の費用がかかるとしてもトラックの「チャーター便」を利用する方が得策です。

ただし当然のことながら、荷主一人でトラックを1台利用するわけですから、値段は混載に比べ高くなってしまいます。混載便と比べて一つの物を運ぶのに数倍の値段がかかるということもあるため、利用には慎重な検討が必要です。

化学薬品・肥料・家畜やペットなどの動物などを運ぶ時には、他の荷物とは一緒にできませんし、工芸品や美術品など壊れやすいものについても特別な梱包が必要になるため、やはりチャーター便が必要になるでしょう。

匂いの強い食品などや有害な化学薬品なども、やはり他のものと一緒にはできないため結果的にチャーター便を選択することになります。

【Q&A】

 

チャーター便という言葉を知っていても、具体的にどういうものか知らない人も見受けられます。いざ利用する際に困らなくて済むように、チャーター便のQ&Aに関して基本的なところを抑えておきましょう。

 

[一般的な運送便とは違うのか]
という質問を耳にすることがよくあります。これに対しては、運送便の一種であるのは確かですが特殊な方式であるというのが回答になります。多くのケースにおいて利用されているのは、いろんな荷物と一緒に目的地の近くのエリアまで送る方式です。そこから目的地までは別々に配送することで、運搬を効率化して費用を抑えられるメリットがあります。宅配便と呼ばれることが多く、チャーター便とはまったく異なるので注意しましょう。チャーター便は最初から目的地まで、他の荷物と一緒にすることなく専属で送る方式となっています。

 

[どのようなメリットがあるのか]
というのもよくある質問の一つです。1台のトラックとドライバーを専属として借り受けることになるので、まとまった大量の荷物を一括で送れることがメリットになります。また荷物が少ない場合でも、他の荷物との接触によって破損するようなリスクを下げられます。このように高い安全性を確保できることも大きなメリットです。また、目的地まで一直線に向かってもらえるので、できるだけ輸送にかかる時間を短縮したい場合にも有力な選択肢となります。

 

[デメリットはあるのか]
という疑問を持つ人も少なくありません。専属なのでその分だけコストがかかりやすく、混載便よりも割高になってしまうのが一般的です。特に依頼する荷物が少ないときは、一つあたりの運搬費は跳ね上がってしまうことが多いです。さらに常温と冷凍の荷物を同時に送る場合は、トラックを2台用意する必要があるため、さらにコストが大きくなってしまいます。節約したい人は一つあたりの運搬費を算出して、混載便と比較して選択すると良いでしょう。

また、最近の運送業界ではドライバー不足、コンプライアンス、働き方改革などで中距離・長距離のチャーター便から手を引く運送会社が増えています。運送業界も刻々と変化しておりますので、いざという時に困らないようにネットーワーク作りは必死です。

チャーター便といっても軽貨物によるチャーター、2トン車によるチャーター便、4トン車によるチャーター便、大型車によるチャーター便、トレーラーによるチャーター便と色々なチャーター便があります。運ぶ荷物によっても車両形状の違うチャーター便になります。

 

 

混載便は

一方で混載便というのはその名の通り、複数の荷主が共同で一つのトラックを使い荷物を運ぶことです。最大のメリットは何と言ってもチャーター便よりはるかに安い利用料金で運べるという点にあります。

よほど特殊な荷物でない限りは、混載便を使うほうが費用の面から見て圧倒的に有利です。デメリットとしては、荷物の細かい日時設定ができないという事や破損のリスクが多少高まってしまうことと、複数の荷物を一つずつ目的地に運ぶため時間がかかってしまうと言うことでしょう。

またもし荷物が破損した場合、液漏れなどで他の荷物を汚してしまった時に補償を求められることもありますので、注意が必要です。

多くの運送サービスにはこうした場合の保険がかけられていますので、よく事前に確認しておくことが求められます。チャーター便にせよ混載にせよ、それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分自身の目的を踏まえてどちらを選択するかよく検討しておくことがおすすめです。

| カテゴリー : blog | 投稿者 : tera-tech