緊急便とは

ここではトラックの緊急便について説明してます。トラックをチャーターする時、当然ですが、何時ものルートが常時空いているとは限らないので、混雑具合や気象条件に合わせて変更できる、複数のルートを確保してあるのがトラック緊急便の常識です。
トラックと一口にいっても、定番の4トンや2トンだけでなく、大型便や軽貨物限定といったプランが用意されています。


また、バイク緊急便のようにトラック以外の車両で荷物を運ぶ場合もあります。

どの車両を選べば良いか分からない時は、問い合わせ窓口のオペレーターに提案してもらえるので、運んでもらいたい荷物の種類や重さを伝えることが先決です。

トラック緊急便は、急な依頼に応じて緊急輸送を請け負いますから、同条件の通常輸送と比べて料金が割増になる傾向です。イメージ的には、トラックとドライバーを手配するチャーター便のようなイメージなので、通常より料金が高めなのは仕方がないです。

しかし、その分信頼性重視でサービス提供が行われますし、何時依頼しても着実に目的地に届けてもらえます。
夜出発して翌日の早朝には届ける必要がある、そういう状況において非常に頼りになるサービスだといえるでしょう。

依頼する企業や選択するプランによりますが、他の依頼者の荷物も一緒に運ぶ、混載便で輸送が行われることがあります。これは発送のタイミングや発着地が近かったり、コストを削減して料金を抑える必要がある時に多いです。

逆に、トラック1台を丸ごと使うような荷物の量であれば、1台の車両を自分専用で利用することができます。
荷物の量に限らず専有したい場合は、最初から混載ではないサービスを選択する必要があります。

トラック緊急便は企業やプランでサービスの内容が少しずつ異なりますが、一方では共通点も少なからず存在します。例えば電話窓口がフリーダイヤルで、何時でも問い合わせができたり無料見積りを出してもらえるなどです。

更に、特定の地域やルートの強みを持っていたり、中距離便や長距離便に特化している点も挙げられます。
緊急輸送に対応できる企業が限られていることから、緊急時に任せられる選択肢が少ないのも共通です。

ただ、近年は一般的な宅配便の人材も不足しているので、必ずしも緊急輸送に限られるものではないです。
トラック緊急便などの緊急輸送サービスを利用しているのは、主に納品の遅れがビジネスに影響する企業です。
部品工場から組立工場に輸送したり、完成品を顧客の元に納品するというように、商品を取り扱う企業はあらゆる場面で輸送を必要とします。

勿論、頻繁に輸送が発生するとコストに直結しますから、なるべく移動を最小限に抑えたり、緊急便を使わなくても済むよう心掛けます。それでも、部品の納入遅れや製造上の都合が起これば、通常の輸送では期限までに間に合わなくなる状況が発生します。

こういった緊急時にこそトラック緊急便の必要性が高まり、頼れる存在として価値が表れるわけです。
緊急輸送には、コンプライアンスやドライバー不足などの社会的な変化により、サービス提供できる企業が少なくなっている現状があります。

だからこそ緊急対応ができる企業の存在は貴重ですし、料金が高めでも納得することが大切だと思われます。
頻繁に利用するサービスではなく、依頼が安定する保証はない業界ですから、尚のこと料金の高さには目を瞑ることが必要でしょう。

むしろ一般的な料金に僅かなプラスで引き受ける企業は、とても良心的でお客様思いだといえます。
ただし、ギリギリの経営だと今後存続が難しくなる恐れが強まりますから、適正料金を設定している企業を選び利用したいところです。

ドライバーの安全確保に注目が集まる昨今、突然荷物を任せて急ぎで届けてもらうわけですから、ドライバーには相応のリスクがあります。

依頼を行うかどうかはその点を含め、良く考えて決めることが大切ですし、コンプライアンスを守る企業に依頼するのが改めて正解だと分かります。
選択する上でのポイントは、企業の実績が豊富か否か、所有するトラックの種類と数やドライバーの質、そして積み替えの有無です。
これらを踏まえて比較検討を行なえば、料金よりもサービス品質重視の輸送を任せられる企業が見つかるでしょう。

| カテゴリー : blog | 投稿者 : tera